本当はこわい!寄生虫の病気

ようこそ愛犬を病気から守る!わんこHealthへ!犬の薬っていうのは、実のところどうなっているか、実態を検証することを目指してチェックに乗り出したのです!うわさの内容をもとに、犬の薬を掘り下げて調べたからチェックのほど、よろしくお願いします。 - 本当はこわい!寄生虫の病気

愛犬を病気から守る!わんこHealth

本当はこわい!寄生虫の病気

動物ですので寄生虫による病気にも注意が必要です。
かゆみや発疹などを引き起こす「ノミ」や「マダニ」に命にかかわる「フィラリア」など決して油断できない寄生虫も存在します。
こちらのページでは犬にうつる恐れのある寄生虫について詳しくみていきましょう。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミが発生しやすい腰や尻尾のあたりに赤い発疹やじんましんができます。犬はとても痒がり体を掻きむしることで、皮膚を傷つけ膿皮症を起こすこともあります。痒みは非常に強く、こうした症状が慢性化すると、毛が抜けたり皮膚が黒ずんで固く厚くなるといった状態になることもあります。
ノミアレルギー性皮膚炎の治療は、アレルゲンであるノミの駆除・皮膚の痒みや炎症を抑える治療を行います。またノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの駆除剤を投与することで予防できますので、定期的に病院へ行くようにしましょう。

アラカス症(ニキビダニ症、毛包虫症)

生後まもなく母犬から「イヌニキビダニ」が感染するといわれています。ほとんどの犬は何の症状も起こさずに生活していますが、免疫力の低下などによりニキビダニが異常増殖するとアラカス症になってしまいます。
アラカス症では、毛が抜ける・皮膚の赤み・フケといった症状が目や口の周りから発生し、ひどくなると全身に広がります。アラカス症は若い年齢で発症することが多いとされてて、この約半数は自然に回復します。しかし、成犬になってから発症すると治療が長引くことがあります。
駆除剤などで根気よく治療を続けることが重要ですが、仔犬の頃に早期発見することで完治も早くなる可能性があります。

フィラリア症(犬糸状虫症)

予防接種でおなじみの「フィラリア」ですが、命にも関わることのある恐ろしい寄生虫です。フィラリアは犬特有の病気と思われがちですが、猫や人にも寄生することがあります。
フィラリア症は、蚊によってフィラリアが媒介され犬に感染して起こる病気です。症状は、フィラリアの寄生期間・犬の健康状態などによって変わってきますが、感染初期はこれといった症状はあらわれないことも多いです。寄生されてから数年経ち、咳や呼吸が荒くなる・むくみ・腹水といった症状があらわれ、散歩を嫌がるなど疲れやすくなります。病状が進むと吐血することもあります。フィラリアの寄生数が多いと、命に関わる場合もあります。
治療としては、体内からフィラリアを除去する駆除剤の使用、または寄生したフィラリアを手術によって取り出すという方法があります。

愛犬を病気から守る!わんこHealthTOPへ