愛犬の歯についてこわい3つのこと

ようこそ愛犬を病気から守る!わんこHealthへ!犬の薬っていうのは、実のところどうなっているか、実態を検証することを目指してチェックに乗り出したのです!うわさの内容をもとに、犬の薬を掘り下げて調べたからチェックのほど、よろしくお願いします。 - 愛犬の歯についてこわい3つのこと

愛犬を病気から守る!わんこHealth

愛犬の歯についてこわい3つのこと

犬は歯の病気にもかかりやすいとされています。食べ物は噛めなくても飲み込めるものであれは、犬にとっては歯の重要性はさほど感じられないかもしれません。しかし歯が抜ける病気にかかることで重大な事態を引き起こすこともあります。とはいえ、歯の病気に関しては日頃からケアやチェックを怠らなければ防げるものがほとんどです。
犬は自分で歯磨きはできません。飼い主が日頃から注意して愛犬の歯の状態をチェックしてあげましょう。

乳歯遺残はコワイ!

人間でもそうですが、乳歯はすべて永久歯に生え変わる必要があります。永久歯に生え変わっているのに乳歯がずっと残ったままになると咬み合わせが悪くなります。
特に小型犬は乳歯が残りやすいといわれており、飼い主がきちんと管理あげることが大切です。歯の咬み合わせが悪いと、歯周病を引き起こす原因となります。
永久歯が生えてきても乳歯がずっと残っている場合は、病院で乳歯を抜いてもらうようにしましょう。

歯石はコワイ!

歯石は放おっておくと、歯の病気の最大の原因となります。放置された歯石はだんだん固くなり、歯肉を圧迫することもあります。歯肉が圧迫されることによって歯肉炎を起こします。ひどくなると歯肉がだんだんと無くなり歯が露出した状態になることもあります。そうなると口臭もひどくなり。食事もまともにできなくなります。
また歯石は体全体の病気を引き起こすこともあります。体に回ると肝炎や髄膜炎など恐い病気の引き金にもなりかねないので注意が必要です。

歯周病はコワイ!

歯周病は歯茎に細菌が侵入し、歯の組織が冒される病気です。悪化すると歯が抜け落ちてしまい、歯ぐきが化膿することもあります。歯の表面に褐色の歯石がついていたり、歯ぐきから出血があるような場合は歯周病の疑いがありますから、すぐに病院を受診してください。
歯周病は普段からこまめにケアをすることで予防できる病気です。日頃から歯石がたまらないようにケアをしていきましょう。

愛犬を病気から守る!わんこHealthTOPへ