恐い病気のひとつ、感染症

ようこそ愛犬を病気から守る!わんこHealthへ!犬の薬っていうのは、実のところどうなっているか、実態を検証することを目指してチェックに乗り出したのです!うわさの内容をもとに、犬の薬を掘り下げて調べたからチェックのほど、よろしくお願いします。 - 恐い病気のひとつ、感染症

愛犬を病気から守る!わんこHealth

恐い病気のひとつ、感染症

ウイルスや細菌が、動物の体内に入り込んで病気になるものを感染症といいます。感染症には多くの種類がありますが、仔犬や高齢犬が感染すると命に関わるものもあります。
感染症は、事前のワクチン接種で防ぐことができるものも多いので必要なワクチンは定期的に摂取するようにしたいですね。
そんな感染症の中から注意が必要なものをいくつかご紹介します。

狂犬病

狂犬病に感染した動物に噛まれ、狂犬病ウイルスに感染することによって発症します。
食欲不振などの症状がみられる前駆期を経て、狂躁期か麻痺期に移行します。狂躁期では、興奮状態となり、糞や石などの異物をむやにに食べたり目の前にあるものを攻撃したりと凶暴化していきます。狂躁期が2~4日続くと運動失調や昏睡などの麻痺症状に陥り1~2日で死亡します。麻痺期の場合は数日で昏睡状態に陥り死亡します。
発症すれば有効な治療法はないため、ワクチン接種がもっとも有効な予防法となります。生後3ヵ月以上の犬は年1回のワクチン接種が義務づけられていますので、必ず忘れずに受けるようにしましょう。

犬ジステンバーウイルス感染症

犬を飼っている方なら耳にしたことがある病名だと思います。犬ジステンバーウイルス感染症は、犬ジステンバーウイルスに感染している犬と接触した場合・その犬のくしゃみ等で空気中に飛散したウイルスを吸い込んだ場合に感染します。
免疫力のある犬であれば軽い呼吸器症状で済みますが、ワクチンを摂取していない犬・仔犬や高齢犬だと、目やにや発熱・くしゃみといった呼吸器症状や嘔吐・下痢などの症状がみられます。ひどくなると、ウイルスが神経系に侵入し、脳脊髄炎を起こしたり麻痺や運動失調などの症状を起こすこともあるので注意が必要です。
予防としてはワクチン接種が有効です。万が一発症した場合は有効な治療薬はないため、点滴や抗生剤投与などの対症療法が中心となります。

レプトスピラ症

レプトスピラ症は、病原性レプトスピラ菌に感染した犬やネズミなどの尿や、その尿に汚染された土や水たまりに接触したり、汚染された食べ物を食べたりすることで感染します。レプトスピラ症に感染しても症状のないまま自然治癒する場合がほとんどですが、出血型と黄疸型の症状があらわれると、食欲不振・嘔吐や血便、脱水や尿毒症などを起こし、ひどい場合は数日で死に至ることもあります。
ワクチン接種での予防が有効ですが、発症した場合は抗菌薬投与が有効です。

愛犬を病気から守る!わんこHealthTOPへ