わんちゃんは皮膚炎になりやすい!

ようこそ愛犬を病気から守る!わんこHealthへ!犬の薬っていうのは、実のところどうなっているか、実態を検証することを目指してチェックに乗り出したのです!うわさの内容をもとに、犬の薬を掘り下げて調べたからチェックのほど、よろしくお願いします。 - わんちゃんは皮膚炎になりやすい!

愛犬を病気から守る!わんこHealth

わんちゃんは皮膚炎になりやすい!

過去のデータで「犬が皮膚炎になりやすい」という結果が出ています。犬の皮膚炎にも、アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎など症状は様々です。直接命に関わることは少ない病気かもしれませんが、発症率の高い皮膚炎についてその種類や症状をみていきましょう。

脂漏症(しろうしょう)

「マラセチア皮膚炎」とも呼ばれるており、「マラセチア」という犬の皮膚などについている常在菌が免疫力の低下や皮膚の脂質の分泌過剰によって活発化することで発症する皮膚炎です。脂漏症には、皮膚が脂っぽくなるタイプと乾燥するタイプの2種類に分かれます。
脂っぽくなるタイプでは、脂症のフケが出てその箇所に痒みを伴います。乾燥するタイプでは、乾燥したフケが多く出てきます。
脂漏症の症状がみられたら、シャンプーを変えてみたりドッグフードを脂分のすくないものに変えてみるなどの対策が必要です。

膿皮症(のうひしょう)

膿皮症は皮膚の常在菌である「ぶどう球菌」が皮膚の免疫力・バリア機能の低下によって、異常繁殖して引き起こされます。
症状としては、皮膚に小さな腫れや膿を含んだ発疹があらわれ、ひどくなると皮膚全体に広がり感染した箇所は穴が空いてしまうこともあります。
治療方法は、抗生物質の服用やシャンプーで皮膚を清潔に保つこと・こまめに保湿をし皮膚のバリア機能を高めることも大切です。

アトピー性皮膚炎

人間でもお馴染みのこの皮膚炎は犬にも多い皮膚炎のひとつです。アトピー性皮膚炎は、ひどい痒みを伴う湿疹が慢性的に繰り返されます。もともと皮膚の弱い犬が皮膚炎になることで細菌による感染症を引き起こしやすくし、皮膚炎が重症化・長期化してしまいます。
アトピー性皮膚炎は、顔や目・耳周り・脇の下・手足など特定の箇所が慢性的に皮膚炎になるという特徴があります。皮膚炎になった箇所は、毛が抜ける・皮膚が黒ずむ・皮膚が固く厚くなるといった状態になることもあります。
アトピー性皮膚炎は完治が難しいといわれていますが、放っておくとひどくなるばかりですので早めに病院へいくようにしましょう。

愛犬を病気から守る!わんこHealthTOPへ